ちょっと意外!?こんなタクシー運転手の仕事もある!


専門職としてのタクシー運転手

タクシーの運転手といえば、流し営業でお客を見つけながら、深夜シフトと歩合制で働くイメージがあるかもしれません。確かにそういう勤務形態はメジャーですが、世間ではあまり知られていないタクシー運転手の職務形態もあります。それがエキスパートドライバーやスペシャルドライバーなどと呼ばれる、専門分野に特化したタクシー運転手です。例えば、観光地に特化したタクシー運転手であれば、その地域の詳しい情報はもちろん、外国人にも対応できるだけの語学力を備えています。この場合、観光についての資格や講習、あるいは英語や中国語などの検定に合格しているケースがほとんどです。あるいは海外での勤務や定住を経験した方が、観光ドライバーを務めているケースも珍しくありません。また介護タクシーの運転手であれば、既に介護職の経験や資格を持っている方が、ドライバーとして働いていることも多々あります。この他にも、子どもの送迎に特化したキッズドライバーや、妊婦さん対象の陣痛タクシーの運転手までいます。

専門職としてのタクシー運転手になるには?

専門分野に特化したタクシー運転手の場合、直ぐにその職務に就けるのは稀でしょう。特にドライバー未経験者であれば、なおさらです。まずおすすめしたいのは、専門分野のサービスを展開している、大手のタクシー会社に就職することです。研修制度がしっかりしてるので、比較的スピーディに仕事に慣れることが可能です。そして次には、一般ドライバーとして数年のキャリアを積むことが必要です。これは会社にもよりますが、一定の年数を経て社内試験などに合格し、資格や講習などの必要条件を満たせば、専門分野のサービスに特化したドライバーとして働くことができるようです。

役員運転手の求人は数多く見受けられます。派遣として働くことも可能ですから、報酬やシフトを見比べて求人を選びましょう。