適性検査はどう判断される?正直に回答すべき?


そもそも適性検査は何のため?

多くの企業の採用選考で取り入れられている適性検査。就活生ならだれもが一度は受けているのではないでしょうか?
適性検査は大きく分けて2種類、「性格検査」と「能力検査」があります。「性格検査」は文字通りその人の性格やタイプ(几帳面、積極的、怒りっぽいなど)を見るもの、「能力検査」は基礎的な学力(計算力や国語力など)や論理的思考力を見るものです。
適性検査を実施することで、学歴や履歴書ではわからない、能力や性格タイプを知る参考になります。企業の理念や方針に合っているか、求める人材の要件を満たしているか、募集職種に適しているか、将来的にどのような仕事を任せていくのが適切か、長期的に活躍してもらえるかなどの判断材料とする企業が多いでしょう。

性格検査は正直に回答するのが大切

自分をよりよく見せよう、企業に気に入ってもらえるような性格を演じよう、と思う方も多いでしょう。実際に筆者も、この企業は保守的だから、とかチームプレー重視だから、といったことを考えながら受けたこともあります。しかし、先ほどお伝えしたように適性検査は企業との相性を測るもの。嘘の自分を演出して運よく採用されても、企業のやり方と合わなかったり職種と合わなかったら、一番つらいのは自分です。企業によっては部署移動等の願いも通るでしょうが、入社したてではなかなか難しいもの。ミスマッチで苦しまないためにも、自分が働きやすい会社に入社するためにも、性格検査は極力本当の自分を出すことをお勧めします。
能力検査は事前に問題集などで対策をしておくことで得点アップが狙えます。慣れや傾向も重要な要素になるので、企業研究と同様にしっかり準備しましょう!

適性検査とは性格検査と能力検査から構成されている検査のことで、多くの企業では採用する際にこの検査を行っています。