成功の秘訣を知ろう!事業承継の方法やポイントとは?


事業承継とはどのようなもの?

事業承継とは、事業を後継者へ引継ぐことです。親族や社員、M&Aの相手に事業を承継し、譲渡することをいいます。事業承継は、相続の問題だけではありません。承継しないと会社の存続に関わるため、重要な手続きなのです。事業承継では「人・資産・知的財産」を承継することになります。人とは経営権のことであり、事業を主に進める権利です。資産は株式や不動産、運転資金などになります。知的財産とは経営理念や従業員の技術、取引相手との人脈などです。特に知的財産は承継しないと会社の強みを失うため、必須項目になります。

事業承継の方法とポイント

事業承継の方法では「親族・親族以外・M&A」の3種類があります。最初に検討するのは親族に承継するケースです。経営者一家の地位を継続でき、関係者からも受け入れてもらえるでしょう。後継者の決定や教育がスムーズに行われます。しかし、親族内の人に承継する意思がないと難しくなるのです。親族以外では、ある程度の地位に就く従業員の中から選びます。会社の経営に詳しい人がなれば、スムーズに業務内容を承継できますが、人選に手間取ることもあるでしょう。M&Aなど社外に引き継ぐ場合は、社内や取引先からの理解を得なければなりません。M&Aに引き継げば、社員の雇用も確保できるなどのメリットがあります。買取先が持つノウハウやブランド力を活用して、事業の拡大もできるでしょう。しかし、交渉で情報が漏れないように注意しなければなりません。締結後は経営には関われないなどの注意点もあります。事業承継を成功させるポイントは、承継先のメリットと注意点を知っておいた方がいいでしょう。専門的な機関に依頼して、相談するのも一つの手段です。

事業承継とは、会社が行っている事業そのものを後継者に引き継ぐことです。資産のみならず、経営権や会社のブラント価値まで引き継ぎます。