意外なアレンジ方法がある!?おすすめの倉庫の使い方


趣味などの道具の置き場所にする

一昔前であれば倉庫と言うと薄暗くてジメジメした場所というのが一般的なイメージでしたが、時代の移り変わりの中で様変わりしてきています。
中でも需要が増加傾向にある貸倉庫などは、空調の完備によって快適な空間となっているケースも少なくありません。これにより、保存や管理が難しいとされる物でも安心して預けることもできます。この特徴を活かして住宅事情によって趣味を満喫できない場合に倉庫をプライベート空間として利用することも可能です。

広いスペースを活かしてお店を開く

倉庫と言うと荷物置き場として活用するのが一般的ですが、必ずしもこの使い方にこだわる必要はありません。
レンタルをする時に交わす契約に違反をしなければどう使うかは契約者の判断で決めることができます。そこで倉庫ならではの特徴を活かした使い方の一つとしておすすめとなるのがお店の経営です。
空調や照明がしっかりと完備されていて、十分なスペースが確保されている場所を選べば少ない費用でお店を開くことができます。

レンタルオフィスとしての活用法

倉庫の新しい使い方として注目され始めているのがレンタルオフィスとしての活用です。こちらは前述したお店の利用と同様に、倉庫のスペースを会社にする方法になります。デスクやコピー機など必要な機材を設置することを考慮してある程度の広さを確保する必要がありますが、人に貸し出すことで継続的に利益を得られるのがメリットです。
立地によっては高額の賃貸料に設定することもできるなど、新たなビジネスの形と言えます。

3PLとは、配送、荷役、保管といった従来の個別の物流だけでなく、生産から販売までを包括的に請け負うことで物流の最適化と効率化、物流コストの削減を実現するサービスのことです。