太陽光発電の発電方法や仕組みから見た、よく利用される理由


太陽光発電はどんな発電方法なのか?

太陽光発電とは、太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式で、ソーラー発電とも呼ばれています。昼間は電気が多く使われますが、発電する時間帯が日照時間である太陽光発電で電力需要のピークを緩和できるのです。設備は、太陽電池と必要な電圧や周波数に変換するインバータで、電力需要が時間帯や地域によって異なった場合は蓄電池も組み合わせて調整されています。

太陽光発電やソーラーパネルの仕組み

ソーラーパネルは、どの程度の面積から、どれくらいの電気を生み出しているのでしょう?最近では一般家庭の屋根の他にも、広い土地にソーラーパネルを広く敷き詰めて大きな電力を生み出すメガソーラーも増えています。2ヘクタールのソーラーパネルには約1MWの定格出力の電力が生み出されています。

太陽光発電の仕組みは、太陽から降り注ぐ光エネルギーが太陽電池に当たり光が照射されることで、太陽電池を構成している半導体の電子が働き、電気が起きるのです。メガソーラーの場合は、数多くの世帯分の年間使用電力量がまかなえるのです。

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電を使用するメリットは、火力発電や原子力発電のように燃料を必要としないところです。したがって、排気ガスやCO2、使用済みの燃料も発生しません。故障も少なく、信頼性が高いのもメリットです。

デメリットは、太陽光が当たらない夜間や天気が悪く日照不足の場合は、発電できないことです。毎日、一定量の電力を供給するには安定性に問題があるために、発電コストが多少高くなってしまいます。

太陽光発電の価格については、一定の目安があります。「1kWあたり41万円~50万円」といったところが相場であり、この辺りを目安にするといいです。