勤怠管理もラクラク!ニーズに合うタイムレコーダーを導入しよう!


スマホ用のタイムレコーダーアプリの魅力をチェック

スマホ用のタイムレコーダーアプリは、職場内や外出先などでワンタッチで出退勤の時間を打刻でき、休日の申請や管理も簡単に行えるものがたくさんあります。特に、大画面で自分自身の勤怠の状況をいつでもチェックできるアプリについては、大手企業をはじめとして全国の企業や官公庁の間で普及が進んでいます。タイムレコーダーアプリの機能を使いこなすためには、ある程度の時間が掛かることがありますが、様々な職種の従業員が同じ職場で働いている企業にとって、勤怠管理の手間を省けるといった大きな魅力があります。

その他、ニーズに合うタイムレコーダーを導入するうえで、月々の利用料金や操作方法、アップデートのポイントなどをきちんと押さえておくと良いでしょう。

自動集計と給与計算の機能が優れている製品を探そう

人事や経理の担当者の勤怠管理の手間を省くためには、自動集計と給与計算の機能が優れているタイムレーコーダーを導入することがとても大切です。特に、インターネットを使って勤怠管理ができるクラウド型のタイムレコーダーについては、月々数百円から数千円程度のランニングコストが掛かるものの、勤怠管理の効率化の観点から大きな利点があります。タイムレコーダーの機能の良し悪しについては、実際に使ってみなければ分からないこともありますが、各企業の導入事例を参考にしながら、早いうちに利用価値の高いものを見極めることがおすすめです。

なお、法人向けのタイムレコーダーを主に扱っている業者に問い合わせをすることで、予算や従業員数などに応じて使い勝手の良いものを選択することが可能です。

タイムレコーダーは、時間を計測する機械です。主に会社が従業員の出社・退社の状況を把握する上で重要な役割を担っており、勤怠管理に使用されます。