タクシー運転手なら休みが多い?上司や部下はいるの?


休みが多く自分の時間を持ちやすい

一般的なサラリーマンは、平日の昼間に仕事をします。月曜から金曜の昼間に働き、土日は1日休みになります。仕事以外の時間は自由な時間になるので、その時間を使って趣味を楽しんだり家庭サービスをしたりするのでしょう。仕事をどんどんしたい人なら仕事優先の生活でもいいでしょうが、趣味を生活のメインにしたい人もいるでしょう。その時にしたい仕事としてタクシーの運転手があります。タクシー会社に就職すると勤務表が渡され、それに従って仕事をします。その勤務表を見て驚く人もいるかもしれません。1か月の勤務日数は10日ほどしかなく、後の20日は休みになっています。もちろん1日の勤務時間が長いので楽とは言えませんが、休みができるので自分の時間を持てます。

上下関係の少ない環境で仕事

サラリーマンは会社に雇用されて仕事をします。自営業は自分でできるものの、安定的に収入が得られる保証がありません。ただサラリーマンは会社の指示で仕事をする必要があり、職場の同僚との人間関係なども仕事のしやすさに影響します。上司にいろいろ言われたり、部下にいろいろ言わなくてはいけないときもあります。あまり上下関係を好まないのであればタクシーの運転手をするとよいでしょう。タクシー会社に就職すると研修などがあり、その時は教官などから厳しく指導されます。しかし指導が終わって実際に運転業務になると後はほぼ自由に仕事ができます。上司や部下と言われる人はいないケースがほとんどです。人間関係に苦しまずに仕事を楽しめます。

運転手派遣とは、お客様に代わって車を運転する業務のために、会社などに派遣される運転手のことです。社用車の運転の他に車の整備や事故発生時の対応を行うサービスがあります。