営業にアウトソーシングなんてあるの!?超実力派の営業に依頼しよう!


アウトソーシングで営業?

営業と聞くと、自社の社員が自社のものを販売するイメージが一般的です。そのため、アウトソーシングと聞いてもピンとこない担当者の方も多いのですが、実は営業職をアウトソーシングしている場面は多くみられます。
わかりやすい例では、量販店の一部スタッフや試食販売、サービス販売の外回り営業、これらもアウトソーシングに当てはまります。
彼らはどうすればこの会社の商品が売れるか、サービスが伝わるかということを考え、商品やサービスに詳しくない人にもどうすれば良さが伝わるかを自社では想像できない視点から営業してくれます。

社員は商品の良いところを十分わかっていますが、その反面、知らない人には伝わりにくい良さを選んでしまうケースがあります。しかし外部の営業であるアウトソーシングであれば、その伝わりにくい良さもわかっているのが強みになってきます。

どうやって営業をアウトソーシングするの?

プロの営業として働く人は個人事業主として働いている人も少なくありません。ですが、個人で営業を請け負っている人を見つけるのはなかなか難しく、実力もわかりにくいでしょう。HPを持っている人は少なく、個人事業主として実力のある営業は経営者や役員の直接の知人であることも見つけにくい理由の一つです。営業として実力がありすぎるがゆえに、人脈も広い傾向があります。

とはいえ、そんな実力者も新しい仕事を得るチャンスのために派遣会社と契約していることが多く、派遣会社に依頼することで紹介してもらえることが多いことは知られていません。
派遣会社と言えば、その会社の社員が派遣されてくると思われがちですが、実は仕事を紹介してもらえるから契約をしているというケースも多いのです。

営業代行とは、企業が消費者へ商品やサービスの提供をする上で、その企業に代わり、営業業務を代行することです。業務内容はアポ取りから契約、アフターサービスなどがあります。